2月4日 讃岐山脈縦走(鵜峠〜北上畑山)しました。

写真は、Facebookページに掲載してます。

☞ 写真はこちらです。

2月4日 讃岐山脈縦走(鵜(うのたお)峠〜北上畑山(659m))を雪の中歩きました。
讃岐山脈で雪山を満喫することが出来ました。
当初は鵜峠〜中尾峠を計画していましたが、車🚗が一台ノーマルタイヤのため、急遽周回コースに変更しました。
これで、大坂越〜龍王山〜鉢伏山〜大山〜天井山〜鵜(うのたお)峠〜北上畑山が繋がりました。

参加者:阿部、漆原、松下、佐藤、植松


今回は鵜峠~中尾峠の登山口と下山口に車2台を置いて縦走する計画でした。ところが、前日から何十年ぶりかの大雪となり、平野部も積雪で讃岐山脈に登る前から白銀の世界、当日の朝も雪が降り続いていました。使用する車が一台しか雪道に対応出来なかったことから、鵜の田尾トンネルの周辺を周回する予備のエスケープルートに計画を変更して実施しました。

国道318号線の鵜の田尾トンネルの香川県側に車を置いて、積雪を踏みしめながら鵜(うのたお)峠まで荒れ果てた旧国道を歩き、鵜峠からはストックとアイゼンを着けての縦走となりました。途中の急斜面ではザイルで斜張りしながら通過したため時間を浪費し、北上畑山で昼食をとりました。
今回は雪山を楽しむことに主眼を置いた山行に変更し下山後に温泉でゆっくりするため、次回の縦走取付きを考慮して直下にある林道までが一番近い北上畑山から樹林帯の急斜面を下ることになりました。藪も雪に埋もれて気持ち良く下れてすぐに林道にでましたが、次回の藪こぎが頭をよぎりました。林道にはしっかり新雪が積っているため、いつもならだらだら長く続く下り道も、サクサクと踏みしめて楽しく歩くことが出来ました。今回の山行は参加者から冬山を満喫できたと好評でした。(記:阿部)